2010年01月07日

参院選立候補予定196人、投票7月11日か(読売新聞)

 今夏の第22回参院選の立候補予定者が、31日現在で196人となっていることが読売新聞社の調べで明らかになった。

 内訳は比例選(改選数48)が61人、選挙区(同73)が135人。昨年8月に衆院選があった影響もあり、前回2007年よりも候補擁立のペースは遅く、今後も増える見込みだ。

 参院選は、民主党が単独過半数を獲得するかどうかが最大の焦点だ。実現すれば、1989年の参院選で自民党が過半数を割って以来、21年ぶりに衆参両院で単独過半数を保持する政党が出現することになる。通常国会の召集日は1月18日が有力視されている。この場合、参院選の投開票日は、会期延長がなければ公職選挙法の規定などにより7月11日となる公算が大きい。

e8dc34ffの日記ブログ管理ツール
平成の牛若丸
出会いランキング
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 即日
posted by ueehtsopq7 at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。